株式会社ReVe代表のブログ

関西を中心に日本全国のイベントを手がける株式会社ReVeのブログです。

2017/09/04

9月の最初は…

エアコンがなくても過ごせるようになると

窓という窓を開けて、外の空気を積極的に取り入れますよね。

暑い間は開けなかった窓から、さわやかな風にのっていろんな音が聞こえる気がします。

どうも、いろんな音が気になるreve-masterです。

 

9月に入って最初の土曜日。

四天王近隣では恒例の「彦八まつり」が生國魂神社で開催されました。

生國魂神社(いくたまじんじゃ)は生島神(いくしまのかみ)・足島神(たるしまのかみ)を祭神とするところで

他にも、天満宮、住吉神社をはじめ11の社があるところ。

ここに、「上方落語の始祖」といわれる「米沢彦八」の功績を称えた「彦八の碑」が

建立された事をきっかっけに、上方落語の伝統を人々に広くアピールするため、

1991年から開催されています。(詳しくはこちら「上方落語協会HP」からどうぞ)

上方落語一問の落語家さんたちがブースを設けまして

食べ物や射的、物販のブースを展開します。

もちろん、奉納の落語もあり、ステージでは踊りや大喜利など様々な出し物賑わうのですが

この音が時々、会社に流れて聞こえてくるんですね。

距離にして500m位。間にはお寺が14堂ほどあるんですが、風向きによって音が流れてくるんですね。

仕事してても気になって、気になって。

 

涼しくなってエアコンいらずになったのはうれしいんですが

窓を開けるときになる要素が増えちゃうんですね。

結局、急ぎ働きをして、会場に向かう始末です。

林家小染師匠、来年も小染茶屋を頑張ってくださいね。