株式会社ReVe代表のブログ

関西を中心に日本全国のイベントを手がける株式会社ReVeのブログです。

2017/08/17

昭和の香り

ヒグラシが鳴いているのを耳にしました。

陽は傾いてはいるものの、そんなに夕焼けでも無い時間帯に

あの「カナカナカナカナ」という声を聞くと

夏も終わりやなあとしんみりしますね。

どうもreve-masterです。

 

夏も終わりなんて行ってますが、7月何も書き込んでいませんね。

単純に忙しいと言うことにかまけてました。

移動で言うと、鹿児島、小倉、横浜でした。

生まれて初めて桜島を目撃してテンションが上がり

鹿児島中央駅では、焼酎バーがあることに喜び

小倉では角打ちをして満足するという日々でしたが

横浜も楽しんできました。

泊まった場所が「馬車道」なんですが

昭和の人なら中村雅俊さんのあの歌がピンとくるでしょう。

「恋人も濡れる街角」ですね。

到着からそんな状態ですから、ちょっと歩いて関内駅を超えたあたりで更にテンションが上がります。

そう、伊勢佐木町です。

(写真は拾いました)

青江三奈の伊勢佐木町ブルースですね。

うろ覚えながら、歩きながらずっと口ずさんでました。

ちなみに、伊勢佐木は伊勢崎と書くと思ってました。現地に行くまで。

もひとついうと、関内超えれば伊勢佐木町とは知りませんでした。

伊勢佐木町って駅があるくらいに思ってましたから。

スタッフに界隈に詳しいのがいたので更に昭和の香りを嗅ぎに行くことにしました。

野毛です。

(こちらも拾いました)

子どもの頃、あそこらへんは行ったらアカンとこやでとオカンに言われていた気がします。

浪速生まれなので、写真のような雰囲気のところと言うことですけどね。

ためしに、野毛の写真のところで呑んでみようと歩いてみましたが

こちらの人数が多いのもあるんですが、いやいやハードルありますね。高いヤツね。

でも、実に過ごしやすい街でした。

たまやさん、魚頼船さん、野毛☆大夢さん、ちんとんしゃんさん、たぬきさん

もう一件、名前忘れましたが、お世話になりました。

 

美味しい物もたくさん頂き、美味いお酒もたんくさんいただき、英気を養い

さぞ、翌日は充実した仕事ぶりだったんだなと、いい想像しておいてください。

 

後輩たちは違うと思いますが、僕の現場はこんなもんです。

いや、そうでもないか…。